ボウリングが上手い人が手首に付けているリスタイという道具の効果と必要性について

ボウリングが上手い人が手首に付けているリスタイという道具の効果と必要性について

プロボウラーは必ず手首に付けているあの道具をリスタイといいます。リスタイをつけることでコントロールが安定し、フックボールも投げやすくなる効果があります。

リスタイ 効果 必要

プロボウラーやボウリング場でプロテクターのような手袋をつけている人を見たことがあると思います。

この道具を「リスタイ」と呼びますがどのような効果があるか疑問に思っていませんか?

ここではリスタイの効果と必要性についてお話しします。もし興味をお持ちでしたら読んでみてくださいね。

スポンサーリンク
記事下

ボウリング用具「リスタイ」の効果って?

リスタイ 必要

リスタイの効果の前に、リスタイを手首に装着するとどうなるかについてイメージしてみましょう。このリスタイとは手首を固定してしまうもので初心者にありがちな投球時に手首が安定せずコントロールが安定しなくなるということがありません。

ボウリングというスポーツはこの手首の固定がなによりも大事です。とくにフックボールやカーブボールを投げたいと思う場合には手首を固定したままで手を勢いよく振りぬいてボールを回転させることが大事です。

逆に初心者の場合にはカーブを投げようとすると手首を使って投げようとするため、指ぬきが悪くて宙に浮いてしまういわゆるロフトボールになってしまったり、手首や指を痛めてしまう原因になります。

またせっかく我流で頑張ってカーブボールを投げれたとしてもコントロールが悪かったり、フォーム自体が独特な感じだったりとちょっと残念なことになってしまいます。

根本的なところで手首をしっかり固定することが大事なことからこのリスタイの効果が大きく期待できる効果としては、

  • コントロールを安定させる。
  • カーブ、フックボールを投げやすくなる。
  • 手首、突き指などの怪我の防止

があげられます。

リスタイは必要?ボウリング初心者でも持っている方がいい?

リスタイの必要性ですが、ボウリングに必要な効果とケガなどの予防効果もありますし、実際にプロや上手な方も使っているためボウリングを楽しみたい、趣味にしたい方であれば購入しておくべきボウリング道具の一つです。

見た目的にも目立つしちょっと恥ずかしいと思うかもしれませんが、そういう場合は地味目な黒色を購入してみるというのも一つの手です。

またボウリング初心者が今後のためにも購入しようか検討しているのでしたら購入すべきです。ボウリング初心者のうちからリスタイに慣れて、リスタイを装備してどんどん投げ込むことで使い方が上手になっていきます。

我流で長く投げ込んできた方がリスタイの必要性を知ってから装備しても慣れるまでに相当な時間がかかります。

だから初心者のうちから使うことで練習自体がリスタイを使う練習になるために無駄な感覚や知識が入らないためおすすめできます。

リスタイの種類や価格は?

リスタイは大きく分けて2つのタイプがあり、布製のものとステンレス素材のものがあります。

布製のものは一般的に売られていて実売価格は1,000円~3,000円程度で購入できます。布製のいいところは通気性が良いところと軽いため投げるときにコツが不要ということです。

一般的な趣味で楽しんでいる方は布製を使用している方がほとんどです。

次にステンレスなどの金属素材を使ったものです。実際の購入価格は10,000円を超えるものがほとんどです。ステンレスなどの金属で固定するため中でぶれずにしっかりと固定できるのがメリットです。

金属製のものは失敗が許されないプロボウラーが愛用しておりボウリング番組などをみても見た目がすごいリスタイをされていることが多いはずです。

これから初めて購入するのであれば価格も安く、付けやすい布製タイプをおすすめします。

見た目的にも派手なカラーを避ければそこまで目立ちませんし、案外他のプレイヤーもあまり他人を気にすることもないものです。

まとめ

リスタイはボウリングの基本中の基本である手首をしっかりと固定して投球するためのサポートアイテムです。

もしこれからボウリングを趣味にしたい、楽しくてまた行きたいと思うのであれば金額もそこまで高くないのでより高いスコアを出すために購入することをおすすめします。

初心者のうちから使うメリットは我流の投げ方でも構いませんが、基本となる手首の固定ができていれば怪我も起こしにくくなるためです。